紫外線対策に役立つビタミン、ミネラル

特集記事

梅雨明けと同時に猛暑日が続いておりますので、紫外線対策に役立つ栄養素についてご案内させていただきます。

私は、シミやシワが気になる年頃なので、普段は日焼け止めと日傘で紫外線対策をしております。が、ロードバイク(自転車)やランニングなど屋外スポーツも好きなので、ランニングではサングラスとサンバイザー、ロードバイクではサングラスと大きな日焼け止めマスクをかぶって、まるで月光仮面のような姿で乗っています。

紫外線はUVーA波、UV-B波、UV-C波の3種類があり。そのうちAとB波が地球に届いています。Aは、太陽から届く紫外線の9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になり、肌を黒くさせます。Bは、太陽から届く紫外線の1割と少ないのですが、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなる炎症反応や、数日後に肌が黒くなる色素沈着反応を引き起こします。シミやシワの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞や遺伝子を傷つけるなど、生体への影響が強いです。

このように紫外線を浴びると、皮膚炎や皮膚ガンになる危険性ありますので、人間は紫外線から皮膚を保護するために「メラニン」色素を沈着させます。  それがシミの原因であり、紫外線の強い地域の人の色が濃い理由です。 メラニンをを発生させないようにするには紫外線を浴びなければよいのですが、紫外線は体内でビタミンDを合成するなど、私たちの体にとって必要なものでもあります。そこで役立つのが体内で紫外線の害を守ってくれる以下の栄養素です 。

ビタミンC :紫外線によって皮膚に発生する活性酸素を抑え、コラーゲン合成を促進する作用があります。また、ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、できてしまった色素を無色に還元するのを助ける働きがあります。紫外線による肌の老化を防ぐために、最も重要なビタミンです。

ビタミンE :活性酸素の影響で細胞膜が酸化されるのを防ぐ効果があります。ビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。

ベータカロテン(ビタミンA) :体内で代謝され、必要な分だけビタミンAとなります。ビタミンAには発癌の抑制、皮膚の免疫機能やバリア機能を維持する働きがあります。ベータカロテン自体にも活性酸素抑制効果があります。

ビタミンB12 :細胞の再生や成長を促進する働きがあり、皮膚の新陳代謝を高めてくれます。

亜鉛:細胞の再生に必要なミネラルで、皮膚を正常に保ちます。不足すると紫外線に対する皮膚の抵抗力が低下するといわれています。

関連記事一覧