日本のサプリメントの現状

特集記事

今では、サプリメントは、通信販売やドラッグストア、コンビニなどでも入手することができ、かなり身近な存在になりました。

中には、信頼できない業者の粗悪な商品も数多く存在しているのが現実です。

一方、効果がないと許されないくらい高額なサプリメントを購入している方もたくさんいらっしゃいます。

アメリカなどのサプリメント先進国では高額な医療費負担が制度化されているため、基本的に、サプリメントを活用して、自分の身は自分で守ると考えている方が多いようです。

そのため、消費者のサプリメントを選ぶ基準が厳しく、日本と比べてまがい物が存在する余地が少なくなっているようです。

食品安全に対する規制がしっかりしているイメージがある日本ですが、ことサプリメントに関してはサプリメント先進諸国に比べてまだまだ遅れているというのが現状です。

アイノアールが提供するサプリメントの基準は、自分でも本当に飲みたい、そして、家族にも自信を持って飲ませたいサプリメントです。

関連記事一覧